中国においてメッセンジャーアプリといえばテンセント社の「QQ」が代表的な存在として長く君臨していました。現在においても、QQはプライベート、ビジネスを問わず、広く使われているメッセンジャーアプリの代表格的な存在です。QQは基本的にデスクトップ環境で使用されることを前提として開発されたICQベースのメッセンジャーアプリですが、スマートフォン向けにもアプリが公開されており、日本語版も発表されておりました。

これに対して、2011年に同じテンセント社がQQの発展型としてSNS機能を融合させたものが微信(WeChat)で、中国版と海外版とでアプリケーションが分かれています。中国版は微信、海外版はWeChatという名前を採用しており、海外版ではFacebookアカウントでの登録が可能、中国版ではQQアカウントでの登録が可能となっています。登録ユーザー数が8億人、アクティブユーザーが3億人程度ということで、非常に多くのユーザーを獲得しています。機能的には日本でも有名な「LINE」や「カカオトーク」とほぼ同じ機能が装備されており、音声やビデオ、グループチャットなどを取り扱うことができます。

中国では携帯電話ベースのコミュニケーションとしては、古くから短信(SMS)が普及してきました。その前はBBと呼ばれるページャー(ポケベル)でしたが、これらの感覚でSMSが普及し、中国の旧正月での新年挨拶メッセージは数百億通も送受信されていると言われています。

しかし、スマートフォンが普及しはじめ、さらに微信の登場後、これまでの携帯電話ベースのメッセージングのやりとりに大きな変化が現れ、現在では非常に多くの確率で中国のスマートフォンユーザーは、自身のスマートフォンに微信をインストールしているような状態です。そのため、自分の微信アカウントに登録している友人や家族とのやりとりは、殆どが微信ベースのコミュニケーションになっています。

微信では自身のアカウントをQRコードにする機能がデフォルトで備わっており、QRコードをそのままスマートフォンのカメラでスキャンすることで、簡単に自分のアカウントを共有することができます。この機能は非常に便利で、後述する「公衆号」の登録などでも広く使われています。このQRコードを名刺に印刷したり、いろいろな場面で使われるようになってきました。

グループチャット機能では、誰かが幹事役となって、たとえば気の合う仲間を登録したり、大学時代の同級生のグループを作ったり、または営業チームメンバーが全員を登録して連絡網に使ったり、お店の常連客を登録して意見を交わす、などといったような使い方をされています。